マイホーム選びのポイント

上手に選ぶための3つのポイント

 

上手にマイホームを購入するには、気をつけておきたいポイントがあります。 マイホームは人生最大の買い物のひとつであるだけに、理想だけがどんどんふくらんでしまいがち。 しかし、それでは決断ができなくなってしまうのです。 そんなマイホーム選びのポイントを3つご紹介しましょう。

 

Point 1 優先順位を決めましょう。

マイホーム選びで最も大切なこと。それは、自分が欲しい家の条件を挙げ、そこに順序を付けておくことです。どんなに予算をお持ちの方でも、100%理想に合致する物件はまず見つけられないと思ったほうがいいでしょう。となれば、最も譲れない条件、つまり優先順位の高い条件をより多くクリアする物件を選んでいくことが大切になるのです。このことが理解できていなかったために、「なんとなく条件に合致しない」と、いい物件を逃してしまうこともあります。購入条件に優先順位を付けること。マイホーム選びで真っ先に取り組むべきポイントです。

 

Point 2 こんな点を必ずチェック!

では、マイホーム選びでは、どんなチェックポイントがあるのでしょうか。マイホーム選びは、さまざまな点からチェックが必要ですが、大きく分けると「立地・環境」「建物の構造」「間取りプラン」「収納や設備」などになります。ここでは、意外に忘れがちなこんな10のポイントを挙げておきましょう。

 

□  医療施設は近い?
□  買い物エリアは?
□  車の通行は激しくない?
□  風通しは大丈夫?
□  充分な収納スペースは?
□  付近の学校状況は?
□  駐車場はどうなる?
□  周辺の建築計画は?
□  隣家との間隔は?
□  持っている家具は使える?
 

 

Point 3 性能保証の確認を忘れずに。

2000年4月に施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」によって、新築住宅には性能保証制度が義務化されています。住宅の基本構造に関わる部分に関しては10年保証で、引き渡し後10年以内に構造上の欠陥が見つかった場合には、無料で補修を求めたり、補修が不可能な場合には契約の解除を申し出ることができます。ただし、施工した会社が倒産しては交渉ができません。そこでチェックしておきたいのが、住宅保証機構などの保証を受けているかどうか。万が一、業者が倒産しても、保証機構などが性能保証を引き継いでくれるからです。